成功を呼ぶ「口ぐせ」

「口ぐせで人生が大きく変わる」

日本には、古来「言霊(ことだま)」という言葉があります。

言葉を繰り返し唱えると、その内容は思い込みや確信に変わります。

思い込みや確信は、自分にとって好ましい場合には、好ましい結果をもたらし、好ましくない場合には、好ましくない結果をもたらす。

意識は言葉によってかたちづくられていますから、「言葉が人生を支配する」という法則が成り立ちます。

いつも「こうなりたい」「もっとこういう状況を楽しみたい」という夢や希望、目的、目標 を持っていると実現できるのです。

それをかなえるために、楽天的な言葉を駆使して、自分のなかのイメージをより鮮明にしています。

「仕事運があがった」

「苦しみやつらさを自分のパワーに変えることができた」

「ものの感じ方や考え方が前向きになって、気分も良くなった」

「人づきあいがうまくなった」

「夢がかなった」

成功する人には口ぐせがある