欲しいものが【加藤諦三の名言】

本日の名言

欲しいものが手に入らないとき、あるいは失敗したときに、これは自分に何を教えているかと省みる人は、最後に幸せになる。

発言者:加藤諦三(社会学者)

加藤諦三さんってどんな人?

日本の社会学者、評論家、早稲田大学 名誉教授、早稲田大学 エクステンションセンター講師、日本精神衛生学会顧問、ニッポン放送のラジオ番組『テレフォン人生相談』のパーソナリティである。

私の説明

おはようございます。

2022年3月2日

たくさん手に入らないものってあるんですよね。

もちろん、ミスして?何がダメだったんだろ?って思います。

いろいろ、ウジウジ考えるのではなくて?

振り返ってみて、反省でもなく、次はどうしたらいいかな?って思って

いろいろ手帳なんかに書いてます。

書いていると不思議なのですが、やっぱり次はミスをしない。

ミスをしなくなってくると、やっぱり次はうまくいきますよね。

最後に幸せになるってこういうことかもしれません。

やっぱり、いろいろ悔しい思いをしてからこそ!自分は成長できるのかもしれません。

加藤諦三さんをもっと学びたい人はこの本がおすすめです!

笑顔で前向きな人生を楽しんでいますか?

モンドセレクション金賞受賞のオススメのポジティブサプリメント!

飲んだ人の89%の人たちが満足という商品!

多くの人が笑顔になりました

気持ちよく1日をスタートしたい人!

何事も前向きに取り組みたい人

充実した1日を過ごしたい人!

この商品を一度試してみてください

ドクターポジティブイ
激安おもしろ文字Tシャツの販売【おもしろTシャツの俺流総本家】