世の中のため【石橋正二郎の名言】

本日の名言

世の中のためになる仕事をすれば求めなくても金は集まる。
集まった金は贅沢をせず生かして使え。
生活向上に役立ち、人の幸福を増す製品を創ることが成功の基である。

発言者:石橋正二郎(ブリヂストン創業者)

石橋正二郎さんってどんな人?

日本の実業家。 ブリヂストンタイヤ(現・ブリヂストン)の創業者、1966年(昭和41年)8月1日に日産自動車と合併したプリンス自動車工業の育ての親(出資者)でもある。
また、張り付け式ゴム底足袋(地下足袋)の考案者でもある。

企業活動を通じて、日本のゴム工業や自動車工業の発展に多大な貢献を行った。
長年の功績により2002年(平成14年)には日本自動車殿堂入り、2006年(平成18年)には米国自動車殿堂入りを果たしている。
一貫してブリヂストンを中心とするゴム工業を経営の基盤としたが、これ以外にも多数の業種に参入し、一代で「石橋財閥」ともいえる巨大企業グループを形成した。

私の説明

おはようございます

2021年4月10日

ブリヂストンの創始者のかたが、こういったことをおっしゃるとは!って感じですよね。

ほんと、世の中のためになる仕事をすると!金は集まってくる。

だからこそ、起業の成功者ってのがいるわけで・・・

そして、そのお金を贅沢に使うのではなくて・・・またさらに人の生活向上

人のために使うとさらにもっと良い社会ができる!

まさに、そういった社会が理想ですよね。

みんな、ハッピーになれるし、社会も良くなる。

人間は何のために生まれてきたのか?そのことをいろいろ考える名言だとおもいます。

だからこそ、世の中の役に立つ?って一体なんだろ?と常に考えないといけませんね。

ただ、人が引いたレールの上を歩いていく!それではだめで!

何が役立つのか?と常に考えていく事。これがほんとに大事です。

そして、上から目線でモノやお金を使うのではない!ということだと思います。

今日も1日よろしくおねがいします。

石橋正二郎さんをもっと学びたい人はこの本がおすすめです!