問題の定義と分類

問題の定義と分類なくして、事実を知ることはできない。
データを知りうるのみである。
問題の定義と分類によってのみ、意味あるデータ、すなわち事実を知ることができる。
面白いが関係のないデータから解放される。

ピーター・ドラッカー

おはようございます

2018年11月4日

問題ってかならずありますよね

で?その問題って一体なに?というと
みんな分析はしてない

まぁ、目の前の問題ってけっこう厄介で
その厄介なものに全集中してしまいますからね

でもある意味、客観的に見てみると、事実がわかってくるかもしれません。

定義と分類!ようは分析ですね。きちんとできるように
そうなるためには、常に冷静な自分でいるようにと

なかなか冷静になるって難しいですけどね
自分もテンパってしまいます。

なので、問題に関して冷静でいられるように!
努力を続けます。