先入観や思い込み【羽生善治の名言】

本日の名言

先入観や思い込みを持っていると、「違う手もあるのではないか」「ゼロに近いことに挑戦しよう」という考えは思い浮かばない。
新しい考えを試み、理解していこうという気持ちも起こらない。

発言者:羽生善治

 

羽生善治さんってどんな人?

日本の将棋棋士。永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖の資格保持者、および名誉NHK杯選手権者の資格保持者。二上達也九段門下。国民栄誉賞受賞者。

私の説明

先入観とか思い込み・・・

歳がいくと、そんなことがたくさんあります

たいがい、仕事に関しては当たるのですが、それ以外は全くですね

専門外ですから、だからゼロに近いことに挑戦しよう!ということです

新しいことをやるにはリスクも必要です。

いろいろ摩擦もあります。仕事の時でさえ、そんな摩擦がありますから

相当な摩擦があるかと思います!?

頭を真っ白にして!挑戦してみませんか?

羽生善治さんを学びたい人はこの本がおすすめです!