命を懸ける【高木禮二の名言】

本日の名言

一生懸命という言葉は『命を懸ける』と書く。しかし懸けそうで懸けないのが人間である。私の場合、幸か不幸かそういう淵に追い込まれたが、絶対絶命の淵に全生命、全バイタリティーが一点に集中すると不可能が可能になることを知った。私はいろんなことをやってきたが、『進むも地獄、引くも地獄』ならば、最終的に進むしかない。前進しかないというのが私の体験をもとにしての結論です。

発言者:高木禮二(明光商会創業者)

高木禮二さんってどんな人?

幼少時より盆栽に親しむようになり、20歳のとき本格的に盆栽をはじめる。
大学中退後さまざまな職につき、複写機のトップセールスマンとなる。1956年(昭和31年)、神田神保町の三畳一間の事務所にて明光商会を創業。
日本初となるシュレッダーの開発販売で事業を拡大させる。

私の説明

おはようございます。

2021年3月1日

さぁ今日から3月です!

と!人間って?これやって失敗したらどうしようっていう時ありますよね。

それって?まだ心に余裕があるっていうらしいですよ。

私もそう、どうしようかなぁ?なんて思うことは多々ありますが

それでも、前に向かって進むしか無い!というか前しかないんですよね。

不可能が可能になるってこもありますし、打開策もみえてくるかもしれません。

命をかける・・・いまだに私はそこまでやったこともないですが!

ってほんとに絶体絶命ですからね。まぁ今の日本にいる限りは?

そんなこともないですし、治安もいいし!

だからこそかもしれませんが、いつでも臨戦態勢になれるように!

前進できるような準備をしていくことが大事だと思います。

本日も1日よろしくおねがいします

もっと、高木禮二さんを学びたい人はこの本がおすすめです!

劣等生は営業で成功する?理屈づくめで物は売れない (1979年) (リュウブックス)

中古価格
¥3,248から
(2021/2/13 07:57時点)

笑顔で前向きな人生を楽しんでいますか?

モンドセレクション金賞受賞のオススメのポジティブサプリメント!

飲んだ人の89%の人たちが満足という商品!

多くの人が笑顔になりました

気持ちよく1日をスタートしたい人!

何事も前向きに取り組みたい人

充実した1日を過ごしたい人!

この商品を一度試してみてください

ドクターポジティブイ
激安おもしろ文字Tシャツの販売【おもしろTシャツの俺流総本家】